ATgo ライセンス使用許諾規約

六元素情報システム株式会社(以下、「当社」という)は、お客様が本ライセンス使用許諾規約(以下、「本規約」という。)を承諾して遵守されることを条件として、当社の ATgo 自動テストツール及びマニュアル書類(以下、「本ソフトウェア」という)を使用する権利をお客様に許諾致します。

第1条 定義

「本ソフトウェア」とは、当社の製品である ATgo 自動テストツール、これに付随するプログラム(当社による改良版を含む)、データ、マニュアルを含むその他の付属品をいいます。

第2条 使用許諾

1.お客様は、本規約および当社が利用者との間で締結するライセンス契約(以下、「個別契約」という)に規定される範囲内という条件で、本ソフトウェアの非独占的な使用を許諾致します。規定された範囲外で本ソフトウェアを使用することは一切認められません。

第3条 本ソフトウェアの利用

1.お客様は、本規約において定める利用条件に従ってのみ、本ソフトウェアを利用することができます。

2.お客様が有する使用権は、非独占的なものであり、当社の事前の書面による同意がない限り、譲渡不能、再許諾不能、担保提供不能のもので、本ソフトウェアもしくはその複製物を、他に譲渡、転貸、頒布、担保提供、 送信(もしくは占有の移転をさせず、又は第三者をして使用させないものとします。

第4条 知的財産権

1.本ソフトウェア(これらの改訂版や修正版を含む)の所有権、著作権、特許権、商標権その他の一切の権利は当社または当社の指定する権利者に帰属します。

2.お客様は本ソフトウェアに関して本規約に基づいて、当社または当社の指定する権利者から与えられた利用権を除き、いかなる権利も取得しません。

第5条 複製・改変等の制限

1.お客様は本規約で定める場合を除き、本ソフトウェアを複製または改変等してはなりません。

2.お客様は本ソフトウェア中に表示された所有権、著作権その他の当社または第三者お有する権利に関する表示を除去し、また改変してはなりません。

3. お客様は、当社の事前の文書による承諾がない限り、本ソフトウェアの全部もしくは一部修正を加え、またはリバースエンジニアリング、逆コンパイル又は逆アセンブルをしてはなりません。

第6条 当社による支援

1. 当社はお客様の要求があったときは、本ソフトウェアに係る、改良・開発について、お客様に当社の技術者を派遣し、技術支援を行うものとします。

2.前1項に係る支援の内容および費用等についての詳細条件については、その都度、当社とお客様と協議して定めるものとします。

第7条 アフターサービス

本ソフトウェアに関して、動作不良以外のお客様へのサポートは、別途契約を締結させていただきます。なお、お客様のサポート中に発見された、修正・改善に関する技術情報は、他のお客様へのサポートに利用可能とします。

第8条 譲渡禁止

お客様は当社の事前の書面による同意がない限り、本ソフトウェアを第三者に譲渡し、利用許諾し、そのいかなる方法であるかを問わず、本ソフトウェアおよび本規約によって取得する権利を第三者に移転し、また共同で利用してはなりません。

第9条 守秘義務

1. 当社及びお客様は、相手方より秘密と指定された上で開示された情報(以下「秘密情報」といいます。)を秘密として取り扱い、相手方の書面による事前の同意がない限り、第三者に開示又は漏えいしてはならないものとします。ただし、かかる秘密情報を受領した当事者(以下「情報受領者」という)は、法律、規則、政府ないし裁判所の命令に基づき開示が義務付けられた情報については、当該義務付けられた範囲で開示することができるものとします。この場合、当該開示の必要性が明らかになった後、直ちに(かつ可能な限り当該開示の前に)相手方に対してその旨を通知するものとします。

2. 前項の規定は、次の各号のいずれかに該当する情報については、適用されないとします。

(1) 受領の時点で既に公知であった情報又は情報受領者の責によることなく公知となった情報

(2) 受領した時点で情報受領者が既に保有していた情報

(3) 情報受領者が第三者から秘密保持義務を負うことなく正当に入手した情報

(4) 情報受領者が秘密情報によらず独自に開発した情報

3. 当社が本ソフトウェア、その他個別契約に規定する当社が提供するその他の製品若しくはサービスに関連する業務の全部又は一部を第三者に委託した場合、当社は本規約又は個別契約に基づき、又は当該業務の遂行上必要な範囲において秘密情報を当該第三者に開示することがあり、お客様はこれにあらかじめ異議なく同意するものとします。

4. お客様は、当社が本規約及び個別契約に基づく業務の実施過程において、お客様の保有するコンピュータにアクセスすることを依頼された場合にお客様のコンピュータから意図せず情報を取得することがあることをあらかじめ認めるものとします。その場合、当社は取得した情報を秘密情報として取り扱います。

5.本条に定める当社及びお客様の義務は本規約及び個別契約期間中及び終了後5年間存続します。

第10条 免責等

1.当社は本ソフトウェアがお客様の特定の目的のために適当であること、または有用であること、本ソフトウェアに瑕疵が無いことを保証しないこと。但し、お客様が、本ソフトウェアの瑕疵を発見し、当社に対して、当該欠陥につき報告をした場合、当社は、合理的な期間内に当社が適切と考える方法により改善を行うよう努力するものとします。

2.当社は本ソフトウェアの使用に付随または関連して生ずる直接的または間接的な損失・障害等について、それらの予見または予見可能性の有無にかかわらず一切の責任を負わないものとします。

3. 本ソフトウェアライセンスのご購入後、お客様の都合による払い戻しは一切できません。

第11条 使用許諾期間

1.本ソフトウェアの使用許諾期間は、当社が発行するライセンス期間で 1 年間とします。期間を超えて本ソフトウェアを使用することはできません。

2.前項の規定にかかわらず、当社は、1 か月前までの書面による通知をもって、更新手続きのご意向を確認致します。更新を希望するお客様と別途個別契約を交わします。

第12条 支払

1.本ソフトウェアのライセンス料金の支払は基本前払い方式とし、入金確認後に納品を行うものとします。ただし、場合によって、当社とお客様との間で取り決めた方法、期日により支払うことも可能です。

2. 前項の支払に必要な振込手数料その他の費用は、お客様の負担とします。

第13条 本ソフトウェアの利用停止・解除

(1)破産、特別清算、民事再生手続もしくは会社更生手続開始の申立を受け、または自らこれらの一を申し立てたとき。

(2)第三者より差押、仮差押、仮処分、強制執行もしくは競売申立てまたは公租公課滞納処分を受けたとき。

(3)監督官庁より営業の取消、停止等の処分を受けたとき。

(4)解散、減資、営業の全部または重要な一部の譲渡等の決議をしたとき。

(5)自ら振出し、または引き受けた手形、小切手が不渡り処分になる等、支払いが不能な状態になったとき。

(6)相手方が本規約の各条項に違反したとき。

(7)相手方に重大な過失または背信行為があったとき。

(8)反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味する。以下同じ。)である、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っている場合

(9)その他本規約を継続しがたい重大な事由が発生したとき。

第14条 掲載

当社は、原則、本ソフトウェア導入企業等の事例として、営業用資料、IR 資料及びホームページ等へお客様の名称やロゴを掲載することができるものとします。なお、当該掲載に対して、当社とお客様別途合意した事項がある場合は、その合意に従うものとします。

第15条 個人情報の取扱い

1.当社及びお客様は、本規約に基づき相手方より提供を受けた営業上その他業務上の情報に含まれる個人情報 (個人情報の保護に関する法律に定める「個人情報」をいう。以下同じ)を、本規約の目的の範囲内でのみ使用し、第三者に開示または漏洩しないものとするとともに、関連法令を遵守するものとします。

2. 当社は、当社のプライバシーポリシーに則り、お客様の個人情報を第三者に開示または漏えいしないものとするとともに、関連法令を遵守するものとします。

3. 個人情報の取扱いについては、第 9 条守秘義務の規定を準用するものとします。

第16条 準拠法及び合意管轄

本規約の準拠法は日本法とし、本規約に関連して生じた紛争については、横浜地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

以上

2019年12月5日